内転筋 小尻

MENU

内転筋を鍛えれば美しいヒップを作れます。

内転筋を鍛えると太もものラインがシャープになり、カモシカのようなスッキリと細い脚を手に入れることができます。

 

また、この内転筋の働きをしっかりとサポートしているのがヒップの深部にある筋肉であり、ヒップの丸みやボリュームを演出しているのは、最も表層で大きな面を占める大臀筋なのですが、この大臀筋の下に中臀筋と呼ばれる筋肉があります。

 

バレエの動作では大臀筋や中臀筋より深部にあるインナーマッスルが主導的に使われることになっており、アウターマッスルの発達は控えめにすることができます。
つまり、バレエの動作を日常生活に取り入れることにより、小尻を手軽に実現できるでしょう。

 

バレエ動作に近い運動ができるスリッパ

バレエ動作を日常的に意識して取り入れるのは難しいです。
そこで、近い運動量が得られるねじりインパクトというスリッパをお勧めします。
家事をしながら小尻効果を得ることができるスリッパです。

 

バレエ動作が小尻を育てる理由

キュッと引き締まったバレリーナのヒップに憧れる女性は多く、少女のような魅力的なヒップラインを手に入れたいと考えている人もいるでしょう。
バレリーナの小尻の秘密は、バレエ特有の筋肉の使い方にあるということです。

 

バレエの動作では、内転筋という太ももの内側の筋肉をよく使うのですが、この部分は普段の生活の中ではあまり使用されることがありません。
バレエでつま先を外側に向け、膝を曲げながら腰を落とす時、内転筋の動きをしっかりと意識することができます。

 

 

 

内転筋,鍛える,小尻