小尻運動

MENU

1日10分でOK!小尻運動方法

小尻運動をする時はスクワットとランジを同時に10〜15回ずつ行うことを1セットにして3回繰り返し、1分程度の休憩をするようにします。

 

※運動をする時は十分な水分や栄養補給が必要であり、特に小尻運動法は1日10分ずつ毎日規則的に行うことが最も重要です。

 

小尻になるための運動ポイント

小尻になるためには普段の生活習慣や適切な運動が必要となります。
長時間椅子に座って仕事をしたり、足を組んで座るなどの正しくない姿勢は骨盤の歪みを誘発し、腰の痛みや下半身太りの原因となってスタイルに悪影響を与えます。

 

代表的な小尻運動法にはスクワットやランジなどがあり、有酸素運動と並行するとお尻の脂肪が燃焼され、たるんだお尻がヒップアップされる効果を得ることができます。
また、ストレッチやヨガも体型を矯正し、身体のバランスを整える良い運動であります。

 

スクワットはお尻や太ももの筋肉を強化させ、肩や腰、お腹などの筋肉が協力筋で使用されてヒップアップや全身運動の効果があります。
ランジは自分の体重を利用して太ももやお尻に緊張を与える運動で、ヒップアップに良い効果があります。

 

最初は無理せずに軽く練習して段々慣れてくると、ダンベルを用いて重みを増量させます。

 

 

小尻運動法,効果,1日10分